挫折こそが成長への近道

成長出来る人は失敗や挫折の分析が出来る人!

人気の記事

挫折こそが成長への近道

失敗を成功のもとに出来る人とは?

失敗を成功のもとに出来る人とは?
Pocket
LINEで送る

正しいポジティブ思考を持ちましょう

よく「ポジティブ思考」が大切と言われます。失敗をした時に、いつまでもくよくよと落ち込んでいるような人は成功することができないからです。失敗は成功のもとだと割り切って先に進んでいくことが大切です。
しかし正しいポジティブ思考と間違ったポジティブ思考があります。失敗をしてもすぐに立ち上がり、先に進むという点ではどちらのポジティブ思考も間違っていないでしょう。しかし間違ったポジティブ思考を持つ人は、失敗から成功につながるヒントを得ていません。正しいポジティブ思考を持つ人は、失敗から成功につながるヒントを得ています。
この両者の違いは「失敗の分析」をするかどうかで決まります。失敗をした後に「失敗を分析」し、そして先に進む人は、失敗を成功のもとにできる人です。立ち上がり先に進む前に、どうして失敗をしたのか、その理由を分析することが大切です。

失敗を人のせいにすると成功できません

失敗をした時に、その失敗の理由を人のせいにする人は、成功できません。仕事で失敗をした時に、なぜ失敗をしたのか分析をすることが大切です。しかし独りよがりな分析をして失敗の理由を他人のせいにしていたら、いつまでたっても問題点は浮かびあがってきません。例えば人間関係で失敗をした時は、他人にも原因があるかもしれませんが、必ず自分にも何かしらの問題があるはずです。もし自分が違う態度を取っていたら、人間関係はもっと円滑になっていたのかもしれません。
例えば「男運が悪い」などという女性も、恋愛関係の失敗の原因を運や相手の男性のせいにしています。問題のある男性を選んだ自分の審美眼にも失敗の原因はあったと思えないと、何度でもひどい男性を選んで付き合ってしまうでしょう。失敗をした時に客観的になり、自分にも問題はなかったか考えられる人は失敗を成長につなげられる人です。

失敗は恥ずかしいことだと思わない人は成功します

失敗をしてしまった時に、分析もせず落ち込んでしまったり、他人の責任にしてしまう人の内面はどのようになっているでしょうか。「失敗は恥ずかしい」「失敗など自分の人生にあってはならない」などと過剰に反応しているケースがあります。このような人は、失敗を認めることができませんので、失敗から何も学ぶことができません。「失敗は成功への過程に過ぎない」「失敗ができてラッキー」などと考えることができる人は、一度の失敗に動揺したりしません。失敗を分析して成功につなげることができるでしょう。つまり失敗を過剰に恐れないことが成功への近道です。失敗は成功への通過儀礼に過ぎないと思えるようになりましょう。失敗を過剰に恐れて仕事に支障が出たり、ネガティブな感情に支配されるのも良くありません。失敗をしても死ぬことはないと思い、明るい気持ちを持ちながら仕事を続けるようにしましょう。

挫折や失敗は成功の元にできる!